About

For the future of agriculture at Koriyama, Fukushima.

かつては田畑を潤す水源がなく、一面に荒れた原野が広がっていたという郡山。しかし明治初期、政府主導の開拓事業により猪苗代湖から水を引く「安積疏水」が完成したことで、この地の農業は飛躍的に成長し、全国屈指の米どころと言われるまでに拓かれました。

以後この地では、米のほか野菜や畜産などさまざまな農産業が営まれ、地産地消としてはもちろん、福島の中心部に位置するその流通上のメリットから全国各地にその販路を広げてきました。また近年は、ネット通販により独自にファンを獲得したり、新しい品種の開発に取り組んだり、六次化によるユニークな加工品を開発したりと、次世代の農業のかたちにチャレンジする農家も増えています。

「Frontier Farmers」は、郡山の開拓精神を受け継ぎながら農業の世界で活躍する人々の姿を、彼らの生の言葉で綴ってゆくサイトです。

Interviews

Stories of "Frontier Farmers". Click to check their story.

フロンティア精神を受け継ぎ、汗を流す郡山の生産者たち。彼らはどのように「農」に取り組み、受け継ぎ、繋いでいるのか。
その想いを、生の言葉から感じてください。

美農然 齋藤章輔さん

閉じる

渋谷生まれの元ライターが湖南で育てる「トマトの宝石箱」

株式会社 美農然 MINOZEN

福島県内で新たに農業に従事した人の数は、2017年度で122人(福島県農林水産部農業担い手課調べ)。東日本大震災以降、その数は大きく減少していましたが、2016年に震災以前の水準に戻りました。Iターンによる新規就農者も少なくなく、震災後の福島の農業を静かに、力強く支えてくれています。

詳細

Location : 郡山市湖南町

HP : http://minozen.net/

SHOP : Online SHOP

ふるや農園 降矢セツ子さん

閉じる

300年・15代続く農家がピンチを乗り越えたどり着いた「里の放牧豚」、絶品の旨味

株式会社 ふるや農園

「私、豚のことなんて何も知らなかったのよ。」そう言いながらハハハと笑う「ふるや農園の代表取締役、降矢セツ子さん。郡山市田村町、阿武隈高地の山懐で300年・15代続く農家に嫁ぎ、40年余りになります。

詳細

Location : 福島県郡山市田村町川曲字浮内50番地

HP : www.furuyanouen.net/

SHOP : Online SHOP

力丸果樹園 力丸哲さん

閉じる

祖父が拓き父が育てたりんご畑。受け継ぐ3代目が胸に抱くのは「守る決意」

力丸果樹園

JR水郡線谷田川駅のほど近く、国道49号線から須賀川方面へ折れる細い山道をたどっていくと、やがて広々としたりんご畑が目の前に現れます。東に宇津峰山の頂を見上げ、西に安積平野を見下ろす、この美しいロケーションで果樹園を営むのは、力丸さんご一家。

詳細

Location : 福島県郡山市田村町谷田川字蟹沢163

TEL/FAX :024-955-4887

郡山アグリサービス 遠藤喜敬さん

閉じる

始まりは父が建てたビニールハウス。試行錯誤し辿り着いた、深く甘い「うねめの里大葉」の味

有限会社 郡山アグリサービス

明治時代に誕生した安積疏水は、水利が悪く稲作に適さなかった郡山の土地を猪苗代湖の水によって潤し、豊かな水田地帯へと大きく変貌させました。

詳細

Location : 福島県郡山市逢瀬町河内字笊内162

HP : http://kagris.web.fc2.com
/index.html

  鈴木農場 鈴木智哉さん

閉じる

郡山の農業の未来を担う“一番星”。
ブランド野菜を育てた父の背中を追い生産者の道へ。

鈴木農場

農業界全体にとって深刻な問題である生産者の高齢化と後継者不足。農林水産省のデータによれば、年齢別の就業者数で見た場合、49歳までの農業就業者の数は全体のわずか16%。約7割を60代以上が占めています。

詳細

Location : 福島県郡山市大槻町字北寺18

HP : http://suzukiitou.main.jp/
index.html

有限会社ニッケイファーム 大竹秀世さん

閉じる

美容師から農業へ転身し10年。
野菜作りへの情熱を支え続ける「強く高い志」

有限会社ニッケイファーム

前回の「フロンティアファーマーズ」に登場してくださった鈴木農場さんの存在と取り組みは今、郡山の農業界にしっかり根を張り、仲間同士の横のつながりや後進の育成にもつながっています。

詳細

Location : 福島県郡山市大槻町字原田5-4

TEL : 024-966-0213

HP : https://www.facebook.com/
nikkeifarm/

有限会社うねめ農場 伊東敏浩さん

閉じる

経営力を身につけ前進を続ける9代目。
夢は“いつか片平をイチゴの里に”

有限会社うねめ農場

うねめ伝説発祥の地である郡山市片平町。采女神社や采女が身を投げたといわれる山の井清水、采女を見初めた葛城王を祀る王宮伊豆神社など、伝説にちなんだ名所が町内に点在しています。

詳細

Location : 福島県郡山市片平町字木藤田49-2

TEL : 024-961-7580

HP : http://うねめ農場
.jp.net/

Oriy's HONEY(オーリーズハニー)
折笠ルミ子さん

閉じる

「やるつもりがなかった」農業。3年でブランド化から店舗運営へ。
広がり続ける女性養蜂家の夢

Oriy's HONEY(オーリーズハニー)

農業は、他の第一次産業に比べて従事者に占める女性の割合が高いと言われています。また、近年盛んな農産物の6次産業化においても、女性ならではのセンスと感性を味やパッケージに活かした商品が多く生み出されるなど、農業における女性活躍の場は格段に広がっています。

詳細

Location : 福島県郡山市田村町上道渡字曲渕75

TEL : 080-5731-0832

Email : kanouyouhou@yahoo.co.jp

株式会社あぶくま商会
百目鬼昭徳さん、綾子さん

閉じる

「なくてはならないものを作りシンプルに暮らしたい」
—地域の人々に支えられ家族で歩む農業の道

株式会社あぶくま商会

スマートフォンがどれだけ普及しても、AIがどれだけ発達しても、インターネットがどれだけ知的好奇心をくすぐっても、日々の生活において変わらず欠かせないもの。

詳細

Location : 福島県郡山市小原田3-8-2

TEL : 024-983-0146

FAX : 024-983-0480

HP : http://www.abukuma-shokai.com/

中尾ぶどう園 中尾秀明さん

閉じる

「うちのブドウだけで作ったワインを飲みたい」
―44年のノウハウを活かして挑むワイン用品種栽培

中尾ぶどう園

果樹王国・福島における6次産業化推進を目的に、公益財団法人三菱商事復興支援財団の支援のもと2015年に完成した「ふくしま逢瀬ワイナリー」。

詳細

Location : 福島県郡山市中田町高倉字羽廣141

TEL : 024-943-4173

FAX : 024-905-6098

伊藤梨園 伊藤正且さん

閉じる

「中途半端な人間では農家は務まらない」
―お客様から信頼を集める本気の梨づくり

伊藤梨園

県内の農業振興を目的に次代を担い地域のリーダーとなる農業者を育成する「福島県農業総合センター 農業短期大学校(アグリカレッジ福島)」。1935年に「福島県立修練農場」として開設後、幾度かの組織変更を経て1988年から現校名となり、毎年数十名の農業を志す若者が、県内各地からその学びの門を叩いています。

詳細

Location : 福島県郡山市三穂田町大谷字南蟹沢8

TEL/FAX : 024-953-2009

けるぷ農場
代表取締役社長 佐藤喜一さん

閉じる

震災を超え変わった意識。
鶏が喜ぶ環境の中で最高の「郡山ブランド鶏」を作るのが今の夢。

けるぷ農場

健康志向や食の安全性への関心が高まる中、スーパーや農産物直売所の卵売り場で「平飼い卵」の文字を目にすることが多くなりました。

詳細

Location : 福島県郡山市田村町細田字嘉成96

TEL : 024-955-3891

FAX : 024-955-5105

E-mail :
green-dream@kelpfarm.com

安積ライスファーマーユニオン
安藤嘉行さん

閉じる

そりが合わなかったはずの亡き父。
いま抱くのは父と同じ夢「三穂田の米農家のユニオンづくり

安積ライスファーマーユニオン

郡山市三穂田町にある「深田ダム(深田調整池)」は、安積疏水によって猪苗代湖から引かれた水を郡山の水田に効率的に分配するため、1982年に完成した農業灌漑用ダムです。

詳細

Location : 福島県郡山市三穂田町山口字前芦ノ口98

TEL : 024-953-2780

FAX : 024-953-2781

E-mail :
aru588265@snow.ocn.ne.jp

ふじた農園 藤田浩志さん

閉じる

農家8代目、野菜ソムリエにして教育委員。
地元野菜の伝道師が寒さを恵みに育てる「郡山ブランド野菜」

ふじた農園

玉ねぎの「万吉どん」、中ねぎの「ハイカラリッくん」、かぶの「あこや姫」…。ユニークな名前が付けられたこれらの野菜はすべて、統一された規格のもと市内の農家たちによって作られる「郡山ブランド野菜」。郡山が誇る新しい産品です。

詳細

Twitter : @kossyvege

Facebook : https://www.facebook.com/
koushi.fujita.7

E-mail : kossyvege@gmail.com

有限会社 仁井田本家あぐり
吉田 和生(かずき)さん

閉じる

自然米100%から田村産米100%へ。
酒づくりの夢を支える自社田の取り組み

有限会社 仁井田本家あぐり

「日本の田んぼを守る酒蔵になる」の使命のもと、有機栽培や無農薬といった言葉が農業の世界に広まる遥か以前の1967年に自然米だけを使った「金寶自然酒」を発売した郡山市田村町の酒蔵、仁井田本家。

詳細

Location : 福島県郡山市田村町金沢字高屋敷139番地

TEL : 024-955-2222

FAX : 024-955-5151

HP : https://1711.jp/

居酒屋安兵衛 店長
早川 健児 さん

閉じる

料理で地元の野菜に付加価値を。
それが居酒屋としての使命。

居酒屋 安兵衛

日曜日の朝、郡山市東部のとある畑を訪ねると、ビニールハウスの中で10名ほどのみなさんが大豆の殻むきをしていました。一房ずつ手仕事で豆をはじく根気のいる作業ですが、ハウスには明るい笑い声が響いています。

詳細

Location : 福島県郡山市大町1-3-12

TEL : 024-933-9326

Facebook

有限会社 武田ファーム
武田 侑也 さん

閉じる

いつかうねめ牛を松坂牛や米沢牛のようなブランドに。
父と競い腕を磨く若手肥育農家の挑戦

有限会社 武田ファーム

郡山が全国に誇る銘柄牛「うねめ牛」。生後約10ヶ月で買ってきた子牛を市内で約20ヶ月にわたり育て、肉質等級「4」以上を獲得した牛の中から、さらに質・グレードが優れているものだけにその名が与えられ、飲食店や小売店へと流通されます。

詳細

Location : 福島県郡山市阿久津町字南小415番地

TEL : 024-943-6076
/ 090-8921-0607

FAX : 024-943-6742

Instagram

オフィシャルインスタグラムアカウントも更新中!是非フォローお願いします。

Top